Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる"正しい"Webサイト

Web標準に準拠したWebサイトを制作したい人のための教科書的な書籍。

Web標準に準拠したWebサイトを制作する上での必要な知識、Tipsなどが網羅的に紹介されているという印象。ただ、だからといってこれだけで完璧とまでは行かないので、適宜Web等で詳しい情報もチェックしていく必要はありそう。

ここで、このWeb標準の定義は「Webで利用される標準規格の総称」のこと。例えば、XHTML,XML,CSS,ECMA Script 等。副題として「"正しい"Webサイト」とあって、確かにそういう内容ではあると思うが、前者の方がメインの書籍だと思われる。

個人的に紙面の配色が好きになれない。

Related: HTML/CSS関連のオススメ本