Tomcat 6.xをMac OS X 10.5(以降Leopard)にインストールする方法を紹介します。

以下に私がインストールした手順を簡単に書いておきます。

  1. Apache Tomcat - Apache Tomcat 6 Downloads」にあるBinary DistributionsCore)から最新のバイナリ(apache-tomcat-6.x.xx.tar.gz)を入手。
  2. Terminal(ターミナル:Terminal.app)を起動して、以下のコマンドを実行します。

    1. cd Downloads(ダウンロードしたディレクトリ)
    2. sudo mv apache-tomcat-6.x.xx.tar.gz /usr/local
    3. cd /usr/local
    4. sudo tar zxvf apache-tomcat-6.x.xx.tar.gz
    5. sudo rm apache-tomcat-6.x.xx.tar.gz
    6. sudo chown -R [user] apache-tomcat-6.x.xx
    7. sudo ln -s apache-tomcat-6.x.xx tomcat

    [user]」の部分は適宜置き換えてください。大抵の場合、Terminalで「$」の左側に表示されている名前になると思います。

    複数バージョンをインストールする必要がない場合は最後の行は以下のようにして、ディレクトリ名を変えてしまっても良いと思いますが、オススメはしません。

    • sudo mv apache-tomcat-6.x.xx tomcat
  3. お好きなエディタ(nano, emacs, ..., etc)で「~/.bashrc」を開いて以下の行を追記します。

    • export JAVA_HOME=/Library/Java/Home
    Terminalで動作するエディタで編集する場合
    • sudo emacs ~/.bashrc
    emacs」の部分は「nano」でも「vi」でも何でもOKです。
    参考:LeopardのTerminalでEmacsを起動できない時の対処法
    mi等のテキストエディタで編集する場合
    • sudo open -a /Applications/mi.app ~/.bashrc
    /Applications/」以下は適当に置き換えてください。私の場合はエイリアスを置いているので上記コマンドでもmiが起動しますが、デフォルトでは「/Applications/mi[version]/mi.app」となると思います。

これでインストールは完了です。

Terminalで以下のコマンドを実行し、起動/停止を確認してください。

Tomcatの起動
  • /usr/local/tomcat/bin/startup.sh
Tomcatの停止
  • /usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh

正常にインストールできていれば、http://localhost:8080/にアクセスするとTomcatのページが表示されます。

一応、「Servlets Examples」や「JSP Examples」のサンプルが正しく動作することを確認しておいてください。